PRESAGE / No.22 市ノ川 倫子

¥ 1,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト便

    全国一律 200円
通報する

「浮遊感」
まず思い浮かんだのはなぜかこの言葉だった。

フィルムカメラで丁寧に切り取られた1枚1枚の被写体は、
草木だったり水面だったり地面だったりと、決して特別なものではない。
けれども目にするとどこか心がざわつく。

草木が作り出す影、ふとした角度で見える光線、
そんなものたちに「PRESAGE(=予感)」を市ノ川氏が感じ取り、
それを作品として表現しているのだと思う。

被写体をそのまま切り取るのではなく、
彼女の心のフィルターを通して見えている浮遊世界を覗いているような1冊。

-------------------------------

何気ない日々のように見えて
空気の中に予感は充ち満ちている
そこにあるものが少しずつ少しずつ
形を変えて明日を作っていくように
PRESAGE
日々の欠片
この目に映るすべて
それは未来への兆し

A5版縦、48ページ
1500円